腎臓病 食事

腎臓病の食事療法を美味しくサポートしてくれる宅配食事サービス

腎臓病の食事|宅配食事

 

腎臓病の方が自宅で食事療法に取り組む場合、ご本人だけでなく、料理を準備されるご家族に負担がかかってしまう場合があります。

 

腎臓病の方向けの宅配食事サービスは毎日の食事をしっかりと制限内の数値に収まりながらも、味わいや食べやすさにも配慮して、食事のメニューも日替わりで飽きずに続けられること、さらにはご家族の中で一人だけ食事療法を行う場合にも一人分だけ違う料理を準備するという手間を減らすことができるメリットがあります。

 

当サイトでは腎臓病の方向けの食事メニューがある宅配食事の通販サービスをランキングでご紹介、腎臓病の食事療法に役立つ宅配食事の知識などを特集しています。

 

ご家族、ご本人で腎臓病食の準備が大変、自分で数値管理をするのが苦手という方の参考になればと思います。

 

 

 

腎臓病の食事宅配サービスランキング

腎臓病の方でも美味しく、見た目にも楽しめる食事が食べられるおすすめの宅配食事の通販サービスをランキングでご紹介します。

 

ランキングのポイントは腎臓病の方向けのメニューが用意されていること、数値管理がしやすいこと、準備のしやすさ、利用しやすい価格で比較、さらに利用者からの口コミでの評判の良さで順位付けしました。

 

宅配食事をご検討の方はチェックしてみてくださいね。

 

腎臓病食事|ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングの特徴

腎臓病の食事療法に役立つ低たんぱくメニューがおすすめ!

  • 管理栄養士が監修した日替わりの献立
  • 主菜1品と副菜3品を高機能パッケージでお届けで満足度が高い
  • 冷凍でのお届けで保存に便利でレンジで温める簡単準備が可能
  • 1食が一つの容器に詰められているので数値管理がラク
腎臓病の方向けたんぱく質制限メニュー
7食4,800円〜
カロリー300kcal以上・塩分2.0g以下・たんぱく質10g以下・カリウム500mg以下
主食のメニュー
1/35低たんぱくごはん※特別用途食品(30食5,900円〜)
たんぱく質0.11g・カリウム0.3mg・リン18mg

コシヒカリ100%の低たんぱくごはん(30食6,800円〜)
たんぱく質0.45g・カリウム1mg・リン25mg

クール冷凍便で全国宅配対応/送料通常700円・定期便350円

価格 7食4,800円〜1食あたり686円
評価 評価5
備考 税別 初回セット送料無料 定期便送料半額
ウェルネスダイニングの総評

ウェルネスダイニングは腎臓病や糖尿病の方、さらには高血圧やカロリー制限が必要な方向けの宅配食事の通販サービスです。

腎臓病の方の食事療法にぴったりな低たんぱくメニューが用意されており、毎日の食事の中での数値計算や準備の時間を減らし、楽しく食事療法に取り組むのに役立ちます。

1食分が一つのパッケージに詰められているので、摂取エネルギーの把握もしやすく、食べ過ぎることがないのもポイントで、さらに食べ過ぎてしまいがちな主食(ごはん)でも低たんぱくや低カロリー、低糖質のご飯が用意されています。

自分では作るのが大変な旬の食材を使用した和洋中のメニューは満足度が得られにくい食事療法を美味しくサポートしてくれます。

その他メニューも健康に嬉しく充実!ご家族で食べられます!

  • 塩分制限メニュー(7食4,500円〜)
  • 健康気配り宅配食(7食4,300円〜)
  • カロリー制限メニュー(7食4,500円〜)


腎臓病食事|彩ダイニング

彩ダイニングの特徴

食事制限専用の宅配食事の通販サービス

  • 献立は管理栄養士が監修
  • 主菜1品と副菜3品をパッケージでお届け
  • 電子レンジ解凍する冷凍パッケージ
  • 糖尿病の方向けメニュー有
  • 1食分の注文も可能
腎臓病の方向けたんぱく質・塩分調整コース
その都度注文(1食)680円
おためし7食セット4,760円
定期便7食セット4,922円(1食あたり703円)
カロリー310kcal・たんぱく質10.0g・カリウム・500mg以下・リン170mg以下・塩分2.0g未満

クール冷凍便で全国宅配対応・送料通常700円・7食以上で送料無料
※おためし、定期便は送料無料

価格 7食4,922円〜1食あたり703円
評価 評価5
備考 お試しセット7食 4,760円送料無料
彩ダイニングの総評

彩ダイニングは腎臓病・糖尿病の方が取り組む食事療法をサポートしてくれる宅配食事の通販サービスで、食事療法の栄養計算や自炊ができない方、ご家族の中で1人分の制限メニューの準備のサポートに役立ちます。

また、7食注文や定期便だけでなく、送料はかかりますが、1食分だけの注文にも対応してくれるので、生活スタイルに合わせて利用しやすいのがポイントです。
送料も1度の注文が7食以上の購入で無料となります。

糖尿病の方やカロリー制限に取り組みたい方におすすめのメニュー
カロリー・塩分調整コース
その都度注文(1食)599円
おためし7食セット4,193円(1食あたり599円)
定期便7食セット4,355円(1食あたり622円)

腎臓病食事|おまかせ健康三彩

おまかせ健康三彩の特徴

カロリー・塩分制限食の2コースで食事療法をサポート

  • 管理栄養士が監修した日替わりの献立
  • 1食が一つの容器にセット、数値管理がしやすい
  • 冷凍保存可能で準備も簡単で便利
腎臓病の方向け塩分コントロールコース
7食分4,529円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり647円)
カロリー235〜428kcal(メニューにより違い有)・塩分1.5〜1.9g
おためしセット
3食分2,052円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり684円)
※送料込み

クール冷凍便で全国宅配対応/送料通常670円〜

価格 7食4,529円〜1食あたり647円
評価 評価5
備考 税別 お試しセット3食 2,052円送料無料
おまかせ健康三彩の総評

腎臓病の方におすすめのなのが、塩分コントロールコースです。食塩の使用量が1.9g以下に設定してあり、健康に配慮したメニューとなっています。

また、カロリー制限をしたい方向けメニューや食事制限が必要の無い方向けのメニューも用意されているので、ご家族皆さんで利用できるのがポイントです。

3食分送料込みでお試しセットが用意されているので、気になる味やお届け方法などの利用についてもお試しできるのが嬉しいですね。

ご家族で利用できるおすすめメニュー

  • おまかせメニュー7食分4,529円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり647円)

  • カロリーコントロールコース7食分4,529円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり647円)
    カロリー205〜269kcal・食塩2.1〜2.5程度

  • 単品・特別メニューごはんものから、京のおばんざい、富士宮やきそばなど、おせちなども取り扱い有

腎臓病食事|わんまいる

わんまいるの特徴

ご家族で利用しやすい健康メニューが人気の宅配食事

  • 管理栄養士が監修した日替わりの献立
  • 作りたてを急速冷凍でお届け
  • 国産野菜100%・水産物卸組合理事による目利きの魚を使用
  • 有名料理人による調理指導
  • 創業70年の惣菜専門店で調理
  • 自然解凍・流水解凍
おすすめの健幸ディナー
お試しセット5食分3,480円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり696円)
※送料無料
健幸ディナー通常セット5食4,100円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり820円)
健幸ディナー定期購入5食分3,480円〜(主菜1品+副菜2品1食あたり696円)
※定期購入はいつでも解約・休止可能、再開もOK
平均400kcal以下、塩分3.5g以下

クール冷凍便、全国宅配対応・送料通常500円〜

価格 5食3,480円〜1食あたり696円
評価 評価5
備考 税別 お試しセット送料無料
わんまいるの総評

わんまいるは比較的軽めの食事制限の方におすすめの宅配食事です。
宅配食事の通販の中でも味やメニューの豊富さで人気が高く、利用者からの評判も良いです。

健康に配慮しながら、小さなお子さんからご年配までご家族皆さんでお楽しみできるのが威力です。

食材はセットメニュー以外に単品での注文も可能となっており、個別包装ですので食事にもう1品という時にも利用しやすいのがポイント。

ご当地グルメやスイーツなど、自宅で全国の美味しい食材が用意されています。

単品惣菜で食事療法をサポート!
主菜・副菜・デリカ、スープ、スイーツ、お菓子、ご当地グルメが1品180円〜から注文可能。
合計金額5,000円以上で送料無料

腎臓病食事|美健倶楽部

美健倶楽部の特徴

1食400kcalで本格ディナーが食べられる宅配食事の通販

  • 管理栄養士が監修した日替わりの献立
  • 主菜1品と副菜3品とごはん・汁物の有無が選べる
  • 全メニュー400kcal以下のBC400ディナー
  • 個別包装で流水・湯線・レンジで解凍
お試しセットで味わいをチェック
3食2,480円1食あたり827円
5食3,980円1食あたり796円
10食7,820円1食あたり782円
※ご飯有

ご飯無しお試しセット
5食3,790円1食あたり758円

定期会員コースト
20食16,260円1食あたり813円
ご飯無し20食15,440円1食あたり772円

クール冷凍便/全国宅配対応・送料通常650円

価格 定期コース20食分15,440円〜1食あたり772円
評価 評価5
備考 3〜10食分から選べるお試しセット有
美健倶楽部の総評

美健倶楽部は厚生労働省が推奨する栄養摂取基準に基づいた、たんぱく質カルシウム、塩分、ミネラル、食物繊維、コレステロールのバランスに配慮したメニューが用意されている宅配食事の通販です。

制限食としてしっかりとサポートしながら、和洋中のバラエティー豊かなメニューで飽きずに続けられるのが特徴です。
ご飯も含めてのカロリーを管理できるのもポイントですね。

また、1回のお届けで20食分(4週間分)となっているので、他のサービスよりも価格が高いように感じますが、その分、送料などの費用が抑えられるようになっています。

 

>>目次に戻る


腎臓病の食事に宅配サービスがおすすめの理由

腎臓病の食事|宅配食事おすすめの理由

 

私たちが健康な肉体を維持するためには、毎日摂取する食事は、何よりも大切なものです。
食は身体を作るだけではなく、心も豊かにするもので、味気ない適当なものばかりを食べていては、心も不健康になってしまいます。

 

近年は豊食になっていることもあり、塩分やカロリーの取りすぎで、健康を害してしまっている方も少なくありません。そういった方にとって、しっかりと栄養を考えた健康食を作ることは重要ながらも難しく、困っている方も少なくないでしょう。

 

特に腎臓病食となると、塩分やたんぱく質の制限が必要なケースが多く、どうしても味気ない調理法となってしまい、何を食べても同じ味しかしないので、おいしくないと不満を抱かれている方も多いようです。

 

そこでおすすめなのが、健康食の宅配サービスで、ここ数年で様々な企業が参入しており、素人でも食事療法が簡単にできるようになっています。

 

宅配食事の通販サービスのおすすめポイント

  • 管理栄養士がメニューを監修しているので、制限内の数値で毎食収められる
  • 食材にもこだわり、素材の味を活かした調理法で美味しく・食べやすさまで配慮されている
  • 冷凍保存が可能なので、食べる量の調整など自分のペースで食べられる
  • レンジや流水解凍、自然解凍など準備の手間が少なく盛り付けるだけで見た目も良い食事が食べられる
  • その都度注文や定期購入など生活スタイルや自炊のペースにも合わせられる
  • 一人分の食事だけでなく、ご家族で利用できるメニューが用意されている

 

 

人気の宅配弁当は、腎臓病の方でも食事が楽しめるようにと、塩分を2グラム以下に抑えながらも味付けはしっかりしており、バリエーション豊富な手の込んだおかずを平均4品も食べられるようになっています。

 

宅配サービスは、食費カットや調理の手間や時間も省けるというメリットがあり、忙しい現代人には最適なサービスです。


 

高齢者の腎臓病の食事にも役立つ宅配サービス

腎臓病の食事|高齢者宅配食事

腎臓病は薬や食事内容に配慮することなどで治療していきます。

 

食事内容に関しては塩分やタンパク質の量に厳密な制限が設けられることもあるので、決して簡単なことではありません。特に高齢者の方は食べる量が減ったり、料理をするのも体力的に大変と言うことも考えられます。

 

ご高齢の方が食べても安心な栄養バランス

高齢者の方に宅配食サービスがおすすめの理由としては、まず塩分量やタンパク質などがしっかりと計算された上で献立が組み立てられているので、安心して食べることができると言う点が挙げられます。

 

しかも自分で材料をそろえ、調味料の使用量などに気を配りながら料理を行う必要がないと言うのも嬉しい点です。
最近では、塩分量やタンパク質の量に配慮がされていながらも、味は普通の食事に劣らない献立となっていることも多いので、毎日、食べることが楽しみになるかもしれません。

 

離れて暮らすご高齢のご家族にもおすすめ

それから決まった日時に届けられるので、健康状態の確認や安否確認を行ってもらえると言うのもメリットです。
毎日、届けてくれる人と顔を合わせるのが楽しみになると言うことも考えられます。

 

上手に利用すれば健康に対して良いのは勿論のこと、日々の張り合いにもなり得るのが宅配食サービスの魅力です。

 

腎臓病の食事宅配を利用している方の口コミ

腎臓病の食事|宅配食事口コミ

腎臓病になってしまうと常に食事に関して気を配る必要がありますよね。
これは、ご本人だけでなくご家族も同様で、特に食事を作る人にとっては頭の痛い問題になりかねません。

 

最近では宅配食サービスでも腎臓病患者に対応したメニューがあり、それを利用している方の口コミや体験談を拝見すると、喜びと感謝の声が多いことに気がつきます。

 

食べる喜びを改めて感じられるという声

まず多くの人が口にするのは、患者自身が再び食べることの喜びを実感できているということです。
タンパク質や塩分の制限で、食事のメニューは味気ないものになりがちで、自然と食べることに興味がもてなくなる人も多いといいます。

 

しかし、宅配食サービスなら栄養士が監修した美味しいメニューが揃っており、安心して飽きることなく楽しむことができるのです。

 

食事を準備するご家族の負担が軽減されたという声

また、作る家族も頭を悩まさずに済み、患者本人も喜んでくれるため負担が減ったといいます。
これまで別メニューにすることが負担になっていたり、自分達だけ美味しいものを食べて患者本人に悲しい思いをさせていたのではないかと、気を使っていたのがウソのようだと喜ばれてもいます。

 

 

ちゃんと計算された腎臓病対策メニューですから、残さず食べても良いことも患者にとってストレスが軽減されたようだという口コミもありました。


 

当サイト推薦の腎臓病食の通販サービスは「ウェルネスダイニング」

腎臓病食事|ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングのおすすめポイント

「ウェルネスダイニング」は、塩分が控えめだったり低タンパク質の腎臓病食の宅配を通販にも対応してお届けしています。

 

制限食でも美味しく食べられることを考えたメニューと食材選び

メニュー内容も充実していて、主菜と副菜を合わせ15品目以上の食材を使用しているので、バランスが取れた食事をすることができます。
だしなどを効かせることにより塩分を抑えることができるので、味にも満足できる内容になっています。

 

食べやすさに配慮した調理方法

腎臓病はご高齢の方に多いため、通常の食材では、野菜などでも固くて食べづらいということがありますよね。
ウェルネスダイニングは食材ごとに下茹での時間を変えるなどの工夫を行い、食べやすい大きさ、程よい柔らかさで調理しているので、幅広い年代の方が美味しく食べられるというのがポイントです。

 

準備の簡単さで作る方の負担が少ない

ウェルネスダイニングは1食分がレンジで温めた時にしっとりと柔らかく仕上がる高機能パッケージに詰められて届くので、1度の温めで準備することができます。
忙しい方、一人暮らしのご家族の方でも手間や準備の負担が少ないという点に配慮しています。

 

冷凍保存で管理も楽チン

また、宅配の場合毎日受け取るのが大変と思うかもしれませんが、「ウェルネスダイニング」では冷凍した宅配食が届く形になっています。
賞味期限も6ヶ月以上あるので、自分が食べたいときに食べることが出来るので便利です。

 

健康食のメニューが充実している

カロリー制限、塩分制限など購入プランもさまざまあるので、自分の体に合わせた宅配食を選ぶことが出来ます。
さらにごはんやみそ汁も健康に配慮した低たんぱくごはんやトクホの味噌汁なども別売りで用意されているので、ご飯も含めた数値管理がしたいという方にも便利です。

※ウェルネスダイニングのご飯は消費者庁許可の特別用途食品で腎疾患患者用の低たんぱく質食品として認定されているので、安心して食べられます。

 

腎臓病の食事|ウェルネスダイニング公式サイト

 

>>目次に戻る


腎臓病の食事療法について

腎臓病の食事|食事療法

 

腎臓病というと皆さんどのようなイメージがありますか。

 

糖尿病と一緒で食事制限が必要というイメージはあるものの、一体どのような食事制限があるのか、どのような理由で食事制限を設けているのかという事を具体的に知っている方は少ないと思います。

 

こちらでは腎臓病の方がどのような食事制限を設けられていて、一体どのような理由で行っているかという事を説明していきたいと思います。

 

腎臓病食事療法の主な基準

腎臓病の食事|たんぱく質制限

腎臓病を患っている患者の食事療法の食事内容ですが、5つのステージごとに基準が設けられています。

 

食事基準はGFRと尿たんぱくの量に基づいて定められています。
以下が透析導入前の患者の食事基準例となります。

 

ステージ1

(GFR≧90)は体重1キロに対してのエネルギーは一日27〜39kcal、たんぱく質は一日0.8g〜1.0g、食塩は一日6g未満、カリウムは特に規定なしです。

 

ステージ2

(GFR60〜89)は、一日エネルギー27kcal〜39kcal、たんぱく質は一日0.8〜1.0g、食塩は一日6g未満、カリウムは特に規定なしです。

 

ステージ3

(GFR30〜59)は、一日エネルギー27kcal〜39kcal、たんぱく質は一日0.6〜0.8g、食塩は一日3g以上6g未満、カリウムは一日2,000g以下です。

 

ステージ4

(GFR15〜29)は、一日エネルギー27kcal〜39kcal、たんぱく質は一日0.6〜0.8g、食塩は一日3g以上6g未満、カリウムは一日1,500g以下です。

 

ステージ5

(GFR<15)は、一日エネルギー27kcal〜39kcal、たんぱく質は一日0.6〜0.8g、食塩は一日3g以上6g未満、カリウムは一日1,500g以下です。

 

腎臓病によるたんぱく質制限について

腎臓病の食事|たんぱく質制限

腎臓病の方、またはその疑いが持たれる方に対しては食事療法が必要になることもあります。その際に制限すべきものとして挙げられるのが塩分とタンパク質です。

 

その理由は、腎臓の働きを理解するとわかりやすいかと思われます。

 

様々な役割を果たしている腎臓の機能

血圧を調整したり、体液のバランスを調整したり、また骨の強化などにも役割を果たしている腎臓ですが、その中でも最も大きいのが血液中の不要なものを濾過して、尿として排出、必要な物質を再吸収して調整する役割を担っています。

 

体がだるい、疲れやすい、頭痛、動悸、むくみなどの症状は腎臓機能の低下をあらわしている場合が殆どですが、特に腎臓病になる前は目立った症状がないのです。症状がない分、弱った腎臓を放置するとさらに機能の低下を招くため早めの治療が必要です。

 

そのためもし腎臓病になり、症状が進行してしまった場合には、人工的にこの機能を行う人工透析を受ける必要が出てくることも考えられます。

 

たんぱく質の摂り方を制限する必要性

血液中の不要なものとして挙げられるのは、まずは塩分と血中の老廃物に関わるたんぱく質があります。

 

食事から摂取したタンパク質は、私たちの体を構成するための材料として使用されます。
しかしその後、使用されたタンパク質や余ってしまったそれは尿素窒素などに姿を変えます。

 

実はこの尿素窒素などの正体が、血中の老廃物です。タンパク質が過剰になると言うことは老廃物が増えると言うことであり、腎臓病の引き金、重篤化の原因にもなりかねないと言うわけです。

 

そのため、タンパク質制限が設けられるのです。

 

どれくらいのタンパク質制限を行うかは、医師によって指示されます。それを守り続けることで、腎臓の数値の改善が期待できるとされています。

 

腎臓病と塩分制限について

腎臓病の食事|塩分制限

腎臓病になる、またはそれが疑われると、塩分制限が必要になります。その理由とされている点をいくつかご紹介します。

 

塩分の過剰摂取は腎臓への負担が大きいため

塩分を過剰に摂取すると、腎臓の負担が増すためです。
腎臓は塩分を排出しているわけですから、これは当然のことです。

 

塩分の摂りすぎによる水分摂取量の増加も腎臓に負担がかかる場合も

そして塩分を過剰に摂取すると喉が渇きやすくなります。するとそれを癒すために水分摂取利用が増え、それはひいては血液量の増加へとつながります。
結果、血圧が上がりやすくなるため、それを調整している腎臓に、やはり負担がかかりやすくなると言うのも利用のひとつです。

 

水分摂取量が増えることでトイレの回数が増えるのも腎臓への負担につながる

また水分摂取量が増えると、排尿回数も多くなります。これもまた、腎臓の負担増加につながります。
高血圧になると、その合併症のひとつとして腎臓病を発症することがあるのもこのためです。

 

腎臓や血圧のことを考えるのであれば塩分制限としては、1日あたり3g以上6g未満と言う数値が設定されています。
いきなりこの量を守ると言うのは難しいですが、まずは少しずつ減塩を心がけ、実践していくのが望ましいです。

 

腎臓病のカリウム制限について

腎臓病の食事|カリウム制限

腎臓病の食事制限ではカリウム制限も必要とされるケースが多いです。
カリウムは通常、塩分や不要な老廃物の排出など体内の水分調整に関わる成分として知られています。

 

カリウムの排出がスムーズに行かないのが理由

その理由としてこの病気が進行していくと正常なカリウムの排泄が行われなくなるという症状が挙げられます。
そのためカリウム制限を行わず通常の食事を行っていると、体内から正常にカリウムが出て行かずに体内にカリウムが溜まります。

 

それにより、高カリウム血症や不整脈が引き起こされ心臓停止してしまう危険性もあるとされています。

 

身近な食材に多く含まれるカリウム

また、カリウムは多くの食材に含まれているので、食事により体内に取り込まれてしまいます。そのため、調理方法を工夫したり、食品の選び方を考慮するカリウム制限はとても重要な事であるといえます。

 

毎日の食事はストレスを溜めない事が重要ですので、検査値が高くなった場合は食事制限の内容を見直したり、カリウムを抑えた食品を利用して、無理なく自分に合った食事の方法を見つける事が重要であると言えるでしょう。

 

>>目次に戻る


腎臓病の食事療法で注意したいこと

腎臓病の食事|注意

 

腎臓病の方でも、食事療法による制限を行いながら、人づきあいや食べたいものが我慢するのが大変というのがありますよね。
こちらでは、お酒や果物、おやつ、食事に使用する油など、身近ながら管理するのが難しいものとの付き合い方や摂り方の注意点についてご紹介したいと思います。

 

腎臓病の方のアルコール摂取について

腎臓病の食事|アルコール

腎臓病になると、アルコールを摂取してはいけないというイメージがあります。しかし付き合いなどの食事の場では、飲む必要も出てきます。
腎臓病の人は食事でアルコールを摂取してはいけないのでしょうか。

 

その答えはケースバイケースとなることが多いですね。
普通の人のように気にせず飲んでいいわけではありませんが、絶対に飲んではいけないというわけでもありません。

 

アルコールとの付き合い方

まず、他に肝臓の病などを併発している人は飲んではいけません。しかしそうでない人は適量を守れば飲むのは構わない方もいます。

 

水分の摂りすぎに注意する必要がある

腎臓病の人はアルコールというよりも、お酒に含まれる水分量に注意しましょう。
水分の摂り過ぎはよくないので、自分が何杯飲んだのか、何杯まで飲んでいいのかを管理しておきます。

 

お酒に含まれるたんぱく質に注意

また、たんぱく質の摂り過ぎもよくありません。お酒の種類によってたんぱく質の含有量は違い、ビールやワインは多いですが、焼酎やウィスキーにはほとんど含まれていません。

 

お酒のおつまみは塩分が多いので注意

お酒を飲むことで食欲が旺盛になる点にも注意が必要です。
おつまみには塩分やタンパク質が多く含まれていることが多いので、控えるようにしましょう。

 

お酒が全てアウトということではなく、水分とタンパク質、塩分が問題になります。飲んだ量とお酒の種類、そして食事やおつまみに気を付けて、健康にお酒を楽しみましょう。

 

腎臓病の方の果物の食べ方・おすすめの果物と控えるべき果物

腎臓病の食事|果物

腎臓病の方の食事におすすめの果物をまず紹介していきます。

 

腎臓病の方はカリウムを控えた食事をすることが大事ということはみなさんご存知かと思います。そして果物にもカリウムは含まれております。
カリウムが含まれているなら食べたらいけないと思いがちですが、果物の中でもカリウムがあまり入っていないものもあります。

 

カリウムの量が少ない果物

食べても良いカリウムがあまり入っていないものはブルーベリー、リンゴ、すいか、ぶどう、パインアップル、レモン、缶詰のさくらんぼ、桃、みかん、洋梨です。
缶詰ですが、汁にはカリウムが多く含まれているため飲まないでください。今、紹介したものの中でも特に缶詰の洋梨はカリウムが少ないのでオススメされることが多いですね。

 

控える必要がある果物

では、反対に控えて欲しいものを紹介していきます。

 

干しぶどう、アボカド、干し柿、プルーン、バナナ、メロン、キウイフルーツ、さくらんぼ、パパイヤ、柚、いよかん、夏みかんは控えることを勧められることが多いです。

 

今、紹介したものの中でも干しぶどうはカリウムを多く含むとされています。干しぶどうの中にはカリウムが740rも含まれています。ちなみに洋梨は55rしかはいっていません。

 

自然な甘さで美味しい果物も腎臓病の方にとっては注意する必要がある場合もありますので、どんな果物を食べたら良いかを把握しておくことは、制限がある食事療法の中で満足度を高めるポイントになりますね。

 

腎臓病の方はおやつを食べられる?

腎臓病の食事|おやつ

腎臓病の方の場合、低たんぱく、低塩分の食事を取る必要がありますが、その分、自炊で準備されているとエネルギー(カロリー)不足になる場合が見受けられます。
そのため、おやつは種類や成分内容さえ問題無ければ、エネルギー(カロリー)不足を補うのに役立つこともあります。

 

基本は低たんぱく

市販のおやつやスイーツの中で、和菓子やケーキといった種類はたんぱく質が多く含まれていることが多いので、避ける必要があります。
逆にダイエットや糖尿病の方が避ける砂糖はたんぱく質がゼロな上、カリウムやリンといった制限が必要な成分がわずかなので、エネルギー(カロリー)不足解消に役立ちます。

 

ただし、糖尿病や血糖値が気になる方は避ける必要がありますので、医師の指示に従ってください。

 

腎臓病でも食べられるおやつの種類

果物の缶詰はシロップ内にカリウムが溶けだしているので、シロップを飲まずに、果物だけ食べるとカリウムの量を気にせずに食べられるとされています。
また、最近では低たんぱくなビスケットやゼリー、プリン、チョコレートなども登場していますので、購入時にチェックするだけで、意外に食べられるおやつは多いようです。

 

腎臓病の方の食事に使用する油について

腎臓病の食事|油

腎臓病の食事ではたんぱく質と塩分は控えますが、エネルギーは摂取する必要があります。エネルギーが不足すると摂取したたんぱく質を有効に利用することができないため、エネルギー量は必要で、油分は少量でも高カロリーなので、摂取する油分量の目安は毎日1回揚げ物などを摂取するとエネルギーを摂ることができます。

 

摂取すると良い油の種類はマヨネーズやバターなどの動物性の油やゴマ油などの植物性の油を配分して使用し、たんぱく質や塩分が少ない物を選びます。
またMCTオイルは消化がよく、血中脂質を増やしにくい性質があるため良い選択です。

 

>>目次に戻る


宅配食事の通販は腎臓病の方が毎日食事で楽しむためのサービス

腎臓病の食事|宅配食事

 

腎臓病はそのまま放置して対処しなければ、透析を行う必要も出てきてしまいます。
透析が始まってしまえばずっと続けなければいけません。そのため、少しでも進行を抑えるためにも日頃の食事はとても大切なものになります。

 

腎臓病の治療で共通していることは腎臓が弱っているので休ませることです。
腎臓を休ませるためには、安静で保温して腰回りを冷やさないようにします。
そして適度な運動と休養、食事療法、薬物療法などです。

 

 

ご家族の負担もサポートすることでみんなが笑顔になるためのサービス

腎臓病の食事|家族

宅配食事の通販サービスは腎臓病の治療の内の食事面を充実したものに変え、サポートしてくれるメリットがあります。
実際に腎臓病食を自分で作ったりご家族に作ってもらうことは、ご家族、ご本人共に大変です。

 

塩分も抑え気味に成るので、味付けにも不満が出るかもしれません。食べられることの幸せは食べられなくなってから気付くというのが食事制限に取り組んでいる方にとても多いです。

 

もちろん、自分で料理を作る方が、経済的な負担は少ないですが、料理の準備のための時間を減らし、料理への満足度を高められるという点は自分で作る腎臓病の食事には無い、メリットもあります。

 

 

現代人の生活では、夫婦共働きが高齢になっても多くなっていますよね。
腎臓病の方向けの宅配食事の通販サービスは時代と共に変わる生活スタイルに合わせた利便性の良いサービスです。もし腎臓病の食事療法でお悩み方は選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?


 

腎臓病の食事宅配サービスランキングはこちら


更新履歴