腎臓病 カロリー

腎臓に不安がある方の食事はカロリー制限も必要?

腎臓病の食事|カロリー

 

私達の体内に存在する腎臓。この腎臓の働きは、体内の毒素や塩分、たんぱく質の調整をする、簡単にいうと濾過をする働きがある臓器で、私たちが生きていく上で絶対に欠かすことができない臓器となっています。

 

この臓器の機能が衰えてしまい、体内の毒素やたんぱく質、塩分を濾過できなくなり、血液中に毒素が溢れるようになってしまった状態になってしまう方がいます。
この状態の対策は、医師の診断を元に対策法を指導されますが、毎日の食事では、たんぱく質を制限する食事をすることが大切と指導されます。

 

カロリー不足に注意する必要がある

腎臓に不安がある人はカロリー制限が必要なのか?と疑問を持つ人が多いですが、腎臓を患った人が陥りやすいのがカロリーが不足して痩せてしまうことに注意が必要です。
ですので、カロリーは必要量をしっかりと補う必要があるとされています。

 

たんぱく質制限を指導された方はカロリー不足などのエネルギー不足になると摂取したたんぱく質を有効に利用できないため、エネルギーを補うことが必要になります。

 

砂糖やデンプン、油脂類を使ってカロリー不足にならないようにするなどの栄養指導を受ける方もいます。

 

医師の診断を受けた人が指導される食事制限

また、たんぱく質と同時に気を付けるのは塩分です。腎臓の機能が衰えているということは、塩分の代謝もうまくいかず、血圧の上昇を引き起こす方が多いようで、同時に塩分量も気を付けなくてはいけません。

 

加工食品には塩分がたっぷり含まれているので、ハムやソーセージなどの加工品は控えた方が良いと言われることが多いです。
また、利尿作用があるとされているカリウムは腎臓に負担がかかるため制限される場合があります。

 

症状の度合いでたんぱく質の制限する量は違いますので、医者や管理栄養士が指導した量を守りましょう。

 

腎臓に不安がある方の食事宅配サービスランキングはこちら

 

腎臓病食事|ウェルネスダイニング

 

腎臓病の食事|ウェルネスダイニング公式サイト