人工透析 食事

人工透析を受けている方の食事制限

腎臓病の食事|人工透析

人工透析とは、腎臓が本来持っている働きを完全に補ってくれるものではありません。ですから身体をより良い状態を保つためには、人工透析を開始したとしても食事制限は続ける必要があると指導されます。

 

食事制限の内容ですが、透析の方法や身体の状態にもよって異なります。
医師の指導によると、例えば腹膜透析患者の場合、血液透析の患者よりも食事制限はおだやかです。

 

食事制限の3つのポイント

たんぱく質の制限

食事制限のポイントとして、基本はたんぱく質を取り過ぎないことが重要とされています。

 

たんぱく質を取りすぎると老廃物が多くなって腎臓への負担も増えてしまうと言われています。
しかし全く取らないわけにはいきませんので、肉や魚、卵などから良質なたんぱく質を摂取する必要があります。

 

エネルギー(カロリー)の確保

次にエネルギー量はしっかりと確保することが重要です。

 

エネルギー(カロリー)が不足すると、身体の中のたんぱく質が壊されてしまい、老廃物が多くなり腎臓に負担がかかってしまいます。

 

たんぱく質を制限することによって不足してしまうエネルギー分に関しては、糖分や脂肪分で補います。

 

塩分の制限

最後の塩分を控えることが重要です。腎臓の機能が低下していると、ナトリウムの排泄昨日も低下しています。
塩分を取りすぎると血圧が上がり、腎臓に大きな負担を与えてしまっています。

 

腎臓に不安がある方の食事宅配サービスランキングはこちら

 

腎臓病食事|ウェルネスダイニング

 

腎臓病の食事|ウェルネスダイニング公式サイト