腎臓 食事 献立

腎臓のための食事の献立にはどのような種類があるのか?

腎臓病の食事|献立

腎臓の健康を考慮された食事の多くは塩分を減らしているので、塩を減らせばいいと思いがちですが、塩だけでなくたんぱく質の摂取量にも気を付けなければいけません。
たんぱく質を多く摂ると老廃物が増えるため、腎臓に大きな負担がかかると指導されます。

 

たんぱく質は肉や魚、卵以外にもご飯やパンなどの炭水化物にも含まれているため、一日にどのくらいの量を食べることができるか、体調などから医師と相談して決める必要があります。

 

腎臓の健康を考慮した食材を利用した献立

腎臓のことを考えられた食事に適している食材としておすすめされるのが、キノコ類やこんにゃくです。

 

これらの食材はたんぱく質を含んでいないのが特徴なので、お肉の代わりにこんにゃくを使ったり、たっぷりのキノコと魚のホイル焼きなどキノコをたくさん使ったメイン料理などの献立にしたり、家族との食事も肉料理でも、たんぱく質の少ない種類のお肉を使うなど工夫することで楽しく食事をすることができます。

 

 

腎臓は尿を作っている臓器のため、体には欠かすことのできない臓器です。

 

尿を作る際に、体に必要な栄養素を吸収し、体内の水分量を一定にしたり、血圧の調整、血液中の成分を正常に維持するなどの働きも担っています。しかし、腎臓のトラブルと一言で言っても多くの状況があり、頻尿やむくみなどわかりやすい変化もあれば、10年以上何も起こらないこともあるのです。

 

腎臓に不安を感じた時に気を付けたいのが食事です。


 

もぎたての野菜をお取り寄せできる通販サービス


 

腎臓に不安がある方の食事宅配サービスランキングはこちら