腎臓 食事メニュー

腎臓に気遣う食事メニューの基本とは?

腎臓病の食事|食事メニュー

腎臓に気遣う方の食事メニューの特徴は、低たんぱくで減塩、低カリウムを実現しながらも必要な栄養素を摂取しながら日々の生活の原動力を得るためにカロリーは十分にあることが大切です。

 

低たんぱくのご飯やパン、麺類などが市販されているので、毎日の食事メニューに活用するのもおすすめです。

 

調理に使用する調味料にも気を配る

おかずを自分で作るときにも減塩の調味料を活用したり、お酢やレモンなども適しています。

 

栄養バランスを取るために野菜や果物などをたっぷりと摂りたくなってしまいますが、たんぱく質が含まれているものが多いので注意が必要です。
砂糖や油類もたんぱく質が少ないので調理に使うのに適していて、エネルギーも得やすいのはマヨネーズやドレッシング、サラダ油などです。

 

食事制限の必要性

腎臓病の食事|メニュー

食事制限をなぜ行うか、食事メニューについて解説すると、腎臓の悪化の進行を遅らせることに有効的と医師から指導されることもあり、透析導入前であれば体調を安定させるためにも欠かせないことで、透析が始まっている人にとっても同様のことが指導されます。

 

腎臓の機能が低下してきて排出されにくくなるものに、尿素や窒素、クレアチニンなどがあります。
いずれも体に負担が高くなるもので、たんぱく質を多く摂取すると溜まりやすくなると言われます。

 

塩分も排出されにくく、食事から大量に取り入れてしまうとむくみや血圧の上昇を引き起こしやすくなると言われています。

 

腎臓に不安がある方の食事宅配サービスランキングはこちら

 

腎臓|食事|ウェルネスダイニング

 

腎臓病の食事|ウェルネスダイニング公式サイト