腎臓 たんぱく質

腎臓に不安がある方の食事メニュー改善

腎臓病の食事|食事療法

 

腎臓に不安がある方の食事メニュー改善は、バランスのとれた食事により体調を良好に維持し体の調子の悪さの進行を遅延させる事に加え、腎臓の機能低下により窒素や尿素、クレアチニン、ナトリウムの排泄機能の低下に起因する全身の倦怠感や浮腫み、血圧の数値の上昇などを抑制する目的で行われると言われています。

 

食事制限の食事

食事制限の内容としては、たんぱく質や塩分、カリウム、リン、水分などの摂取制限が行われています。

 

たんぱく質の制限・摂り方

腎臓では、体内代謝において不要なたんぱく質を老廃物として濾過し排出する為、たんぱく質を必要以上に摂取すると腎臓への負担が増加するのでたんぱく質の摂取量を控える必要があると指導を受けます。

 

たんぱく質の摂取においては、肉や魚、卵などの良質なたんぱく質の摂取を心掛け、たんぱく質調整ご飯やデンプン加工製品、塩分調整食品、低カリウム食品、低リン食品などの治療用特殊食品を利用し適切な量の栄養素を摂取することを指導されることが多いようです。

 

塩分の制限・摂り方

ナトリウムの排泄機能低下は、血圧の上昇や浮腫みなどを引き起こし腎臓に負担を掛けると言われ、1日の塩分摂取量の理想とされる3〜6gに控えます。
家庭で食事制限は、食品の交換可能な食品を分類し、カロリーと重量が一目で分かる食品交換表を用いて調理を行います。

 

カロリーはキチンと補う必要がある

しかし、たんぱく質の摂取などの食事制限は、体内代謝に必要なエネルギー不足になり易く、体内ではエネルギー不足を補う為にたんぱく質が分解されエネルギーに利用される異化作用が促進され、老廃物が増加し腎臓に負担を掛けるので、1日の必要エネルギー量を見極めしっかりと摂取する必要があります。

 

腎臓に不安のある方必見のの食事宅配サービスランキングはこちら

 

腎臓病食事|ウェルネスダイニング

 

腎臓病の食事|ウェルネスダイニング公式サイト