食宅便の低たんぱく質弁当

食宅便のタンパクケア食はどんなお弁当?

 

食宅便はどんなサービス?

 

食宅便は電子レンジで温めて食べられる冷凍弁当や毎食ごとに配達してくれる宅配食を提供しているサービスです。
芸能人の坂下千里子さんのCMでもおなじみのお弁当宅配サービスで、冷凍保存された状態で届けてくれるので全国どこでも利用可能です。

 

食宅便には糖質を抑えた食事コースや塩分を控えめにしたコースなど、健康に配慮したお弁当が揃っています。
中でも腎臓に不安の方におすすめされているのが「たんぱくケア」コースのお弁当です。

 

1食あたりのたんぱく質が10グラム程度に抑えられているので、一日の摂取タンパク質量を抑えたい方におすすめです。
ご飯は付属していませんが、1食あたり4品のおかずで構成されており、他の冷凍弁当サービスと比較してもおかずの数が多いことが好評です。

 

7食で1セットとなっており、コースの種類もABCDEFと6種類と豊富なメニューが取り揃えられています。
1セットはすべて別のメニューなので、週ごとにコースを変更すれば飽きのこない食事を楽しめます。

 

1日すべて食宅便のお弁当にするのも良いですし、お昼ごはんや夜ご飯だけを食宅便のお弁当に入れ替えるだけでも、たんぱく質制限が可能になります。

 

食宅便の価格・値段は?

食宅便のたんぱくケアコースは7食セットで4,340円となっています。
1食あたり620円なので、他のタンパク質制限食などと比べても非常に安い価格なのも嬉しいポイントです。

 

たんぱくケアAセットからEセットまですべて同じ価格なので、メニューの好みに合わせて注文するのがおすすめです。

 

食宅便の送料はいくら?

食宅便は全国配送可能な冷凍配送便と、毎食ごとに届けてくれる1食ごとお届けコースの2つがあります。

 

毎食ごとに届けてくれるコースは、食宅便の営業所が近くにあるエリアの方のみが利用できるコースです。
営業所が近くに無いご家庭の方が多いと思うので、主に冷凍配送してくれるコースで利用するのがおすすめです。

 

配送業者・ヤマト運輸のクール冷凍便で配送されますが、送料は全国どこでも390円ととてもリーズナブル。
毎週配送してもらったとしても一ヶ月あたりの配送料が2,000円以下で収まるので食費を削りたいと思っている方の強い味方です。

 

食宅便のたんぱくケアコースの口コミ

食宅便のたんぱくケアコースを実際に食べてみた口コミをレポートします!

 

食宅便のたんぱくケアコースを食べる前は、味が薄くて食べた感じがしないのでは?と勝手に想像していたのですが、通常の食事を変わらない美味しさでした!
通常の食事と比べて味付けが薄かったりするのではなく、使う食材や調理の方法に工夫されていることで、たんぱく質制限を実現されている食事でした。

 

今回実食した中の「カレイの照り焼き」セットを例に挙げると、おかずは全部で4種類。

  • カレイの照り焼き
  • 野菜と肉団子煮
  • わかめ和えとメンマ
  • 白玉桜あん

というおかずの内容で、カロリー245kcal、タンパク質8.8g、炭水化物21g、食塩相当量1.6g、カリウム299mg、リン124mgとなっています。

 

1食あたりのたんぱく質が10g以下であることに加えて、食塩が1.6gであること、カロリーが245kcalであることを見ると、タンパク質を制限できることに加えて、塩分やカロリーも控え目の食事を食べることができます。
腎臓の健康に配慮したい方にはもちろん、塩分を控えめにしたいという方にもおすすめです。

 

たんぱくケアコースの味は美味しい?

たんぱくケアコースに限らず、食宅便のお弁当のおかずはどれも美味しいという印象です。
宅配食サービスには、ウェルネスダイニングや味に定評がある「わんまいる」など、様々なサービスがありますが、食宅便のお弁当の味も引けを取りません。
しっかりとした味付けにもかかわらず、塩分が控えめにしているので毎日食べても健康的です。
今まで何気なく食べていた食事から食宅便のお弁当に変更するだけでも、栄養バランスの良い健康的な食事に切り替えることができますし、何より美味しいお弁当が毎日食べられるのでおすすめです。

 

家族みんなでの食事にもおすすめ

食宅便のお弁当は、すべてのおかずがお弁当に盛り付けられていますが、電子レンジで温めた後に、一品ずつお皿に盛り付けることで、手料理と遜色ないおかずとして食卓に並べられます。
自分で作ったおかずのように演出できるので、お弁当のまま食卓に出すのはちょっと抵抗がある!という方におすすめです。
食宅便のお弁当のおかずは、管理栄養士が設定した栄養バランスで作られているので、栄養の偏りを修正したいというときにもおすすめです。
家族みんなの栄養バランスを少しでも整えたいという方は、週に一回食宅便のお弁当を利用して、普段補っていない栄養を摂取するのも良いのではないでしょうか。

 

食宅便のレポートまとめ

食宅便の「たんぱくケア」コースは腎臓の健康を考える人におすすめのお弁当です。

 

腎臓病のリスク管理を考える方は、毎日の食事で摂取するたんぱく質の量を管理するのが良いと言われています。
毎日食べたいものを気分次第で食べていると、気づけばいつの間にか栄養バランスは乱れがちになるものです。

 

塩分の量やたんぱく質の量、糖質の量を気にして健康的な食事を食べたい方は栄養管理が行き届いた食宅便のお弁当がおすすめです。
一食ごとにカロリー量や塩分量、たんぱく質量、リンやカリウムなども記載されているので、数値化した栄養管理が手軽にできます。
自炊した料理の場合はなかなかそうは行きません。

 

毎日摂取するタンパク質量を徹底して管理するには、数値として記載してくれている宅配食を使うことも賢い方法です。

 

低たんぱく質食・たんぱく質制限食の中でも安い!

 

特に食宅便は他のたんぱく質制限食よりも価格が安いことが魅力です。
栄養管理の行き届いた食事は、通常の食事よりも価格が高いものが多いですが、食宅便のたんぱくケアコースのお弁当は通常のお弁当と大差ない価格なので使い続けやすいです。

 

継続して栄養バランスの良い食事を続けるためには、食費の管理も重要なので、安い価格で購入できる食宅便は特におすすめです。

 

 

 

page top