低たんぱく 食材

低たんぱくで腎臓に負担をかけない食材

腎臓病の食事|腎臓に負担をかけない食材

低たんぱくで腎臓に負担をかけることがない、または少ない食材としては、脂質と糖質が配合されている食材が挙げられます。
いずれもたんぱく質が配合されていません。油や砂糖・春雨・くずきりなどがあります。

 

しかし、それ以外のほぼ全てにおいてたんぱく質は含まれています。

 

身近な食材にもたんぱく質は含まれている

肉や魚だけではなく小麦粉を使用したパンなどの食べ物やご飯・さらには野菜・果物・コーヒーにまでたんぱく質を含んでいることになります。ですので、たんぱく質を全く摂取しない生活はほとんど無理といえます。

 

では、腎臓に負担がかかりにくい食事はどうすればよいのかについてですが老廃物が出ない良質なたんぱく質を必要最小限のみ摂るという考え方をしています。

 

良質なたんぱく質を摂るのが望ましい

適量の良質なタンパク質は完全に身体をつくるためのエネルギーとしてのみ使われるため、老廃物を出さないと言われています。
良質なたんぱく質を定義すると、アミノ酸価が高くバランスの良いことを特徴とした動物性タンパク質が代表格です。

 

肉・魚・卵・牛乳などが代表的な食べ物ですがこれは少しの摂取でも必要な摂取量を超えてしまう可能性があります。

 

低たんぱくな治療用特殊食品

そこで低たんぱく食を行う必要がある人のために開発されたのが治療用特殊食品と呼ばれるものです。
詳細を解説しているページ:キッセイ薬品工場カブシキガイシャ https://healthcareinfo.kissei.co.jp/jinzoubyou/step03/jinzoubyo3-6/

 

カロリーは変わらずにタンパク質のみを抑えるようにしていますので、腎臓病の人にとって理想的な食事と言われています。
またカロリーは普通に摂ることが推奨されていますのでこうした点でもこの食品はありがたい存在といえます。

 

もぎたての野菜をお取り寄せできる通販サービス



 

腎臓に不安がある方の食事宅配サービスランキングはこちら

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
page top