腎臓に悪い食べ物

腎臓に悪い食べ物にはどのような食べ物があるのか

腎臓病の食事|腎臓に悪い食べ物

腎臓に良くないとされる食べ物を紹介するには、まずはこの臓器の働きを理解しておくと、理由などがわかりやすいです。

 

腎臓の一番の働きは、血中の老廃物や余分な塩分などを濾過し、尿として排出すると言う役割とされています。ですから排出する塩分の量が増加すると、当然、ここには負担がかかるようになってしまいます。

 

そう考えると、塩分を大量に含んでいる食べ物が、その働きを阻害する悪い食べ物だと理解することができます。

 

塩分の摂りすぎに注意

食べ物としては勿論のこと、塩分に関しては味付けと言う面でも注意が必要になってきます。
塩は勿論のこと、ドレッシングや醤油などの使いすぎには気をつけなければいけません。

 

また塩分の過剰摂取は血圧の数値の上昇を引き起こす要因であることも明らかになっています。
血圧の数値と腎臓には深い関係があるとも言われているので、それを防ぐためにも塩分には気をつける必要があると言割れているのも理由のひとつです。

 

たんぱく質の摂り方に注意

それから体を構成する材料として利用されたタンパク質は、その後には老廃物になってしまいます。ですからタンパク質が多い食べ物ばかりを食べることも、この臓器に負担をかけることにつながってしまいます。

 

タンパク質は肉や魚、白米やパン、果物、野菜、更にはコーヒーにも含まれている成分です。

 

ただしそのバランスによって、質の良いタンパク質と質が悪いタンパク質に分類することができます。

 

動物性のたんぱく質

肉や魚などの動物性食品に含まれているタンパク質は、比較的バランスの整ったタンパク質だと言われています。

 

穀物など主食に含まれるたんぱく質

逆にご飯やパン、麺類などに含まれているタンパク質はバランスが悪いため、摂取し過ぎには注意が必要です。

 

腎臓に不安がある方の食事宅配サービスランキングはこちら

 

腎臓病食事|ウェルネスダイニング



このエントリーをはてなブックマークに追加
page top